2021.12.16(第345回)【148neo】

物販行商明けにして最後のネタ曜日だった148neo!

そうです、2021年最後のネタ曜日がイベント明けというちょっともったいない週でもありました。

もう少し一年を締めくくるようなネタが多ければ、もう少しバカの総決算のようなネタがあればよかったんですが、残念ながら半数以上が物販行商のネタでした。
ある意味2021年を象徴するようなネタ曜日とも言えますが、個人的には来年はもう少しバカを楽しむ148neoであればいいなと思いました。

 

以下、2021年のタイトル獲得者

2021年のブラックリスト
翔兄貴
えんのママ
ブルーオレンヂ
マダムシミズ
わにわにパニ子

2021年のGODアミーゴ
キジムナーの嫁
ブルーオレンヂ

2021年の女王蜂の雫獲得者
ちゃんえろ
Metsのできる子
ドラ猫発電機
ハダカ電球
チャーハンたべお
桐生のサボテン
訳あって北本下車
リコママ
いかおやじ
背番号0のFW

 

ブラックリストレースはいつスタートするか分かりませんが、GODアミーゴ予備軍はいま現在で数名存在しています。
GODアミーゴ誕生の大きな壁といえば迷言148ですが、現在の長尺ネタは背番号0のFW、気持ち長めのプリンス★てぃんこー、そして崖の上の船越とゼロガレ111のググリンピックとなってます。

そんな長尺ネタの存在が新たなるGODアミーゴ誕生の抑制になっている訳ですが、実際、長尺迷言ネタの元祖とも言えるMetsのできる子とちょい長ネタのプリンス★てぃんこーが休んでいた際に多くのGODアミーゴが誕生しました。

つまり、現在の長尺ネタでもあるググリンピックが148連勝と共にフィナーレを迎えれば、GODアミーゴ誕生の間口が広がる可能性が非常に高いということです。

これが吉と出るか凶と出るか分かりませんが、今現在は半数近くのGODアミーゴがその輝きを失っています。
ブラックリスト同様に獲るまでがゴールとして消えていくのか、はたまた過去のチェリーボールチェリーガーイのメールにしてすべての始まりとなった「私にとって背番号0のFWさんは神様のような存在です」と言わしめるほどの輝きを放つGODアミーゴとして番組を引っ張るのか?

来年以降の148neoは、現GODアミーゴとやがて誕生するであろうGODアミーゴの手にかかってるのかもしれません。

 

【今週の148】
・1時台のキャッチコピーはRN:背番号0のFWで「暮れの元気なバカ笑い」
・6時台のキャッチコピーはRN:プリンス★てぃんこーで「今年の汚れは今年のうちに、今年のバカは今日のうちに」
・バカ一代のトリはRN:背番号0のFW

「2021.12.16(第345回)【148neo】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。