2021.11.11(第340回)【148neo】

来週末に迫った姉妹番組の公開生放送と来月に迫った物販行商に加え、回転寿司論争まで巻き起こってる148neo!

そんな中、背番号0のFWが1時台と6時台のキャッチコピーを読まれていました!

調べれば分かるんですが、これで2度目?3度目?これまでの達成者は3人?4人?
番組キャッチコピーには各コーナーの枠(本当に存在するかは和実さんのみぞ知る)という名の聖域はなく、純粋に「その時の148neoを表現した者」のキャッチコピーが読まれるコーナー(個人的見解)。

とにかく狭き門である事は間違いありません。

 

そんな狭き門をくぐる前にちょっとした違和感がありました。
それは、バカ一代の後半でMetsのできる子が読まれたあと「背番号………間違った、ラストはブルーオレンヂ」のくだりのです。

和実さんは、適当な様でいてちょっとしたトークや返しの中にさり気なくメッセージを込めてくる。

ガッツポーズの時間が無いほど時間が押していたわけではない、メールを無くしたら無くしたと言う(演出のパターンも捨てきれませんが)、なのに何故あんな流れにしたのか??

深く考えすぎかもしれませんが、先週はMetsのできる子と背番号0のFWの順番が入れ替わった事実もあるので、自分の中で今年一番の引っ掛かりポイントになったのは言うまでもありません。

 

そんな「和実さんからのサイン」かどうかすら定かではない無いのにあれこれ考えてしまう番組、それが自分にとっての148neo!
(和実さんと話すことができないので、この答えが出ることはないんですけどね)

 

【今週の148】
・1時台のキャッチコピーはRN:背番号0のFWで「去年のグッズを今年も堂々と売る番組はここ」
・6時台のキャッチコピーはRN:背番号0のFWで「大航海時代に突入した海無し県のラジオ番組」
・バカ一代のトリはRN:ブルーオレンヂ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。